注文住宅は思い入れの詰まった大切な家となることでしょう

古風な家

愛知県で注文住宅を建てるための心構え

レンガの家

愛知県にある我が家は2年前に新築しましたが、注文住宅です。家の細部を決めていく作業は、正直滅茶苦茶楽しかったです。でも、同時にとても大変でした。注文住宅と聞くととてもセンスのいい、動線なども考え尽くされた家を想像しがちですが、考え尽くすのは施主である自分たちなのです。大まかな希望を言って工務店に間取りを書いてもらっても、ほぼセンスのよいものは出来上がってきません。
うちの場合はハウスメーカーでもそうでした。実際に建てたのは工務店でしたが、素敵な展示場に惚れ込み、5万円で某ハウスメーカーでも間取りを書いて頂いたのです。出来上がった図面はなぜこうなったと問い詰めたくなるようなものでした。要するに、注文住宅は自分達で自由に決めれる分、丸投げはできないということです。きちんと自分達の意見がないまたは家族で意見がまとまっていないまま打ち合わせをしてしまうと、最終的には建売住宅とほぼ変わらないものが出来上がってしまうということです。なぜなら、建売住宅も一般受けの良いようにハウスメーカーや工務店が考えた造りだからです。施主に意見がない場合は、売り手側も一般的な間取りを提案するしかないのです。
注文住宅は建売と比べて割高です。それに加えてある程度自分達での勉強をするという覚悟が必要です。その代り、その家が建ったときの感動は計り知れません。高い買い物なので是非たくさん物件を見学して自分のベストなお家を実現してください。

注文住宅の間取りについて

注文住宅の大きな魅力の一つに「自由な間取り設計」があります。しかし、工法やハウスメーカーの規定によっては、間取りが制限されることがあるので注意が必要です。例えば、2×4工法の場合は建築基準法の強度を保証するため、間取り上は欲しくない場所に壁が必要なことがあります。ハウスメーカーや工務店を選ぶときには、家の外観や価格だけでなく、得意とする工法やその特徴、メーカー独自の設計基準をよく調べることが大切です。
実際に注文住宅の間取りの打合せでは考えることは2点です。
1つは「今の住まいの良い所や新居に引き継ぎたい所、不満点を洗い出すこと」です。
次に「新居での生活を頭の中でシミュレーションすること」です。例えば、着替えをどこでするかによって、着替えを収納する場所が違います。自分にとって一番便利な場所に収納を作れば快適に生活できます。また洗濯物はどこに干す?雨の日はどうする?など、日々の生活を想像し、必要な部屋や収納、機能をパズルのようにはめていくことで機能的な間取りが完成します。
以上のように自分なりに考えた間取りでも、設計士の意見も参考に聞くことをお勧めします。設計士はプロなので、経験から使いやすい間取りの提案や採光・通風を考慮した快適な住み心地、隣家との距離や窓の位置から生活音が気になりにくい工夫ができます。注文住宅で理想の間取りを実現するのは大変ですが、思い入れの詰まった大切な家になることは間違いありません。

バリアフリーにこだわった注文住宅

35歳の夫、同い年の私、4歳の娘の3人で生活をする我が家が、注文住宅でマイホームを建てたのが昨年の夏のことでした。ちょうど建ててから1年が経過する今、注文住宅でマイホームを建てるにあたってこだわった、バリアフリーの具体についてまとめてみることにします。我が家がマイホームを購入するにあたって、1番大切にしたことは、老後も快適に過ごせるかということでした。マイホーム購入にあたって、世帯のライフプランを見直し、その中で老後の生活について、色々と考える機会があったことが大きかったです。バリアフリーの具体は、玄関、トイレ、浴室などに反映されています。
玄関は、上り口をフラットにし、車椅子でも容易に入れるような間口にしました。側壁には手すりをつける工夫もしました。トイレも同じく、車椅子でも入れる間口、室内にし、手すりを設置しました。浴室は、段差がないようにしたのはもちろんのこと、床面を滑りにくい素材にし、浴槽から小さな庭が眺められるような工夫をしました。いずれも、私たちが高齢になっても快適に過ごせることを念頭においたものです。住み慣れた注文住宅の我が家で、いつまでも楽しく、快適に過ごせるように、日々の健康管理をしながら、我が家で暮らしていきたいと思っています。

Topics

Recent Contents

2016/07/06
注文住宅を買う時の注意点を更新しました。
2016/07/06
注文住宅を設計事務所に依頼した時の設計料を更新しました。
2016/07/06
注文住宅は色々自由に選べて楽しいを更新しました。
2016/07/06
私が注文住宅にした理由を更新しました。
TOP